パラグライダー ・技能証検定項目
(赤字は検定項目)



          1. A級証課程・実技科目
            @機材の確認
            Aパラグライダーの広げ方
            B装備の装着
            Cパラグライダーの収納、運び方
            D機材の点検、保管
                   Eフライトプラン
            F身体の準備
            G心の準備
            Hプレフライトチェック
            Iブレークコードの操作要領
                   Jライズアップ
            K安全なテイクオフ 
                   L安定した直線飛行
                   M安全なランディング

        修得判断:3回成功した場合、各科目を修得したものと見なす。

          2. B級証課程・実技科目
        @緊急パラシュートの装着とセッティング A開傘シミュレーション         B山沈の備え         C自己確保訓練         D連絡訓練(安全確認) Eフライトプラン         Fプレフライトチェック         G周囲警戒(警戒すべきポイント)         Hトラフィックルール         I機体の傾きの修正         J進行方向の修正         K操作と機体の動きの時間差         Lリバースライズアップ M確実で安全なテイクオフ         N軽いピッチングとローリング         O旋回操作         P左右連続旋回(スラローム)  Q90度旋回 R180度旋回 Sブレークコード7による速度コントロール 21安全なアプローチラインと姿勢 22半径30m以内への安全なランディング 23エリアのランディングルールの理解
        修得判断:3回成功した場合、各科目を修得したものと見なす。

          3. NP級証課程・実技科目
        0フライトプラン         @スラローム走行 Aグライドパスでのランディング         B編流飛行         C横風でのランディング         D高度処理 Eリッジソアリング         F360度旋回         G360度連続旋回(3回以上1周15秒前後)         H安全な指定地ランディング(20m以内)         I場周アプローチによるランディング         J最小沈下速度での飛行         K最良滑空速度での飛行         Lアクセルの使用 Mピッチング(前後15度程度)         Nローリング(左右30度程度)         Oリアーライザーでの緩旋回         P翼端折りと回復アクセルワーク
        修得判断:3回成功した場合、各科目を修得したものと見なす。

         4. P証課程・実技科目・・・・(NP技能証保有者合計飛行時間10Hr以上)
         @フィギュアエイト
           A深いバンクでの360度連続旋回(1周10秒程度)
           Bサーマルセンタリング
           Cサーマルによる高度獲得
           D指定地ランディング(半径10m以内)
           E風が強くなった場合のアプローチ
           F片翼潰しからの回復
           G両翼端折りでの飛行(アクセルでの降下、ローリング)
           H3か所以上のフライトエリアでの飛行

        修得判断:3回成功した場合、各科目を修得したものと見なす。
         5. XC証課程・実技科目・・・・(P技能証保有者)
         @指定地ランディング(半径5m以内)
           Aメインランディング場以外へのランディング
           B傾斜地へのランディング
           Cスパイラル
           DAストールまたはBストール
           E往復6km以上のアウト&リターン
           F10Km以上のクロスカントリー練習

        修得判断:3回成功した場合、各科目を修得したものと見なす。

最初のページへ戻る!